「異動してくると、社員が太っていく」社員と一体になってすすめた健康増進活動は働きがいがアップ

K.Yさん 50代 男性 管理職

K.Yさんは、「K職場に異動してくると、社員が太っていく。普段見ていても、食事量が多い、ファストフードばっかり。このままでは将来病気になるぞ!と思う。」と部下の肥満、食事習慣について心配していました。

「保健師と協力して、職場で健康に取り組みたい。」と依頼がありました。

K職場の肥満率は50%以上、会社全体の肥満率30%と比較しても高いです。会社では健康経営をすすめているところです。加えて社員が突然に亡くなるという出来事も重なり、健康増進への気持ちがより強まっていました。

年度の計画スローガンを「健康K職場を目指して」とし、社員の健康をバックアップすることで、駅全体を活性化させ、将来にわたり社員の活躍を期待し、健康増進の取組みを始めました。

取組み内容は

K職場主体で、月1回のレクリエーションの実施(花見ウォーキング、マラソン、献血ツアー、ボウリング大会、卓球大会、Kウォーキングなど)を行いました。

実施した内容を「健康増進通信」を発行し職場に掲示しました。

会社主催の年2回ある歩数記録月間に全員参加しました。

保健師が支援し、体力測定会、運動の効果健康教育、健診時に全員採血、健診結果説明会、体組成計によるモニタリングなどを行いました。

また、全国産業安全衛生大会を傍聴し、他会社の取組みから学ぶ機会も持ちました。

当初目標としていた肥満率の低下は思うように下がりませんでしたが、ストレスチェックによる働きがいのポイントが良い方に移動しました。

職場主体で健康増進に取り組むことで、コミュニケーションが活性化し雰囲気が活気づきました。健康を気遣ってくれているということが働きがいにも影響したと思われました。

お知らせ
無料相談・相談受付

受付時間 平日;9:00~17:00 休日;土日祝、年末年始
日程調整し、御社にお伺いしてご相談を承ります。
お問い合わせは下記ボタンのメールフォームからお願いします。

事例紹介
シェアする